リバースステア

リアタイヤがグリップを失うことを表わす。アンダーステアからいきなりオーバーステアへと移行したわけだ。通常このような挙動変化をリバースステアといいます。ホイールのサイズアップとスポーツサスペンションの装着によって、コーナリング限界はかなり高くなった。が、限界を超えたときのコントロールはかなり難しい。もちろん、かなり攻め込まなくてはならないが..搭載されるエンジンはノーマルと同じ2.5jで170馬力。オートマチックしか用意されないが、動力性能に不満はまったくない Mテクニックには、シートもスポーツシートが装着される。硬めで、なかなか出来のよいシートだ。サイドステップに誇らしげにMテクニックの文字が。一般的に4輔駆動車というと、いくらデータ的に高性能であっても、アンダーステアが強く、乗っていてちっとも面白くないクルマ、と決まっているのだが、このクルマはちょっとワケが違う。FR車のようだ。4輪駆動の悪癖がまったくなく、走りも十分に楽しめるらしからぬ4輪駆動車。BMW唯一の4輪駆動車が、この325iXだ。ベースとなったのは、もちろん325iだから、FR車をベースにした4WDということになる。縦置きされた6気筒エンジンの下をくぐるようにドライブシャフトが通っているから、当然のこと車高はノーマルの325iよりも少し高い。ボディが浮き上がったぷん、タイヤとホイールハウスの隙間が大きくなってしまっているから、それをカバーすべくオーバーフェンダーを装看している。とことん車が好きなら→中古車 高く売る こちらから、こころゆくまでお楽しみください。

DY116_L