トルクフル

低回転からトルクフルなこのエンジンは、どこといったピークを持たずに6000回転まで回るが、パワフルに走りたいなら高回転を意識的に保つべきだ。このためにも、オートマチックのプログラムはSを選んでほしい。この325iには、コンピュータ制御のEHトランスミッションが標準装備になっているから、このようなセレクトが可能になる。Sモードを選べば、同じアクセル開度でも、コンピュータが高い回転まで引っ張ってからシフトアップするような指令を出してくれるというわけだ。初めてこの325iに乗った人なら、SモードとEモード両方で、どのくらいのアクセル開度で、どのくらいエンジン回転が上がってからシフトアップするのかを知っておこう。これを知っておくと、自分がどの程度スポーティに走りたいかで、どちらのポジションを選んだらよいかがわかるからだ。もし、325iでジムカーナ的な走りをするんだったら、2レンジでSプログラムを選ぶのが正しい。こうしておくと、1速でレッドゾーン付近まで引っ張り、アクセルを離しても3速には入らないから、パワフルな走りができる。市街地でキビキビ走りたいんだったら、Dレンジでいいから、Sプログラムを選ぼう。こうすることによって、オーバードライブには入らなくなるから、エンジンブレーキが効くし、再加速もスムーズにできるようになる。中古車の世界を知りたいなら→こちらがオススメです。

DY052_L